立ち幅跳びは下半身パワーの測定!

高崎東高校野球部では、前回の測定から3ヶ月が経過したため、
ベンチプレス、スクワット、デッドリフト、立ち幅跳び、の4種目の測定を実施しました。

動画は前回立ち幅跳びでNo.1だった選手、今回は3%アップという目標に向けて頑張っていました。
結果は伸びましたが目標まではいかず、悔しい思いをしていました。

「原因と結果の法則」結果には必ず原因がある。
スクワットのマックスは上がっていたのに、それに伴って立ち幅跳びが伸びなかった選手が多かったです。
筋力は上がったのに、パワーは上がらなかった。これをどう考えるか。今まで何をしてきたか。

それを考え、結果を変える原因を追求できる選手になってもらいたいですね!
こちらもそれに応えられるようサポートします!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

注目の記事!

  1. 2018/5/26

    チア×体幹
    チアリーディングチーム、Twincle Planetsのトレーニングは月一で呼んでいただいて…
  2. 個別の運動指導では、可動域・筋力・柔軟性・動作などを細かく見ることができます。こちらのサッカ…
  3.  定期開催の陶豆屋さんで『ストレッチ教室』久しぶりに参加した私(理事長)のリポートです(^-…
PAGE TOP